nonblr

Jul 28


“よくトラウマになる原因に人の死体を目撃する例が挙げられるけど
実際は精神に異常をきたすことはあまりないらしい
死体は動かないからそれほど恐怖心に駆られないという話

トラウマになる事例としては
もう助からないぐらい身体の損傷が激しいのにまだ動いている人物を目撃した場合
これがもっとも精神的にキツイらしい

戦時中、助かる見込みのない負傷者を優先的に殺害したというのも
医療品が不足していたという理由以外に
その姿を見た兵士達の士気の低下を抑制するためだとか”
【閲覧注意】トラウマになったアニメ、漫画、写真『猫は生きている』:哲学ニュースnwk (via proto-jp)

(via quote-over100notes-jp)


zaiga:

2chan.net [ExRare]

zaiga:

2chan.net [ExRare]

(via kitutuki)




255 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/03/12(水) 08:59:49
この前、嫁とエロ話していた時の話
嫁「男の人って前立腺刺激されるとすごいらしいね!」
俺「あぁ、なんかそう言うね おれはしらんけど」
嫁「そ?」
俺「うん」
嫁「こんどやってみる?」
俺「えーなんか恥ずかしいからいいわ」
嫁「そ?」
俺「うん」
嫁「えぃ!」 と言って俺ののど元を指でプニプニ
俺「はぅ・・・」 ちょっと大げさに反応してみる
嫁「( ノ´▽`)ノ オォォォォ!スゲースゲー!」
よそで恥かくようなことでもないのでそのまま放置


260 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/03/12(水) 09:34:52
»255
うちの嫁ではなく、会社の女子社員A(新婚)の話。
女子社員A「前立腺癌って怖いよね~。なっちゃったらどうしよう」
女子社員B「…いや、女の人に前立腺は無いよ」
A「え!?そうなの?私ここらへん(喉から鎖骨にかけて)に
  あるのかと思ってた~」
B「そこは多分リンパ腺…」
A「じゃあ前立腺ってどこ?」
B「………首じゃないことは確かだよ。旦那さんに聞いてごらん」


お前の嫁じゃないよな?

前立腺 続・妄想的日常 (via motomocomo) (via otsune) (via yukix7) (via gkojay) (via kitutuki)

日本は70年ほど軍事力を行使をする機会がありませんでした。

世界史上でも例外的に幸福な時期だったと言えるでしょう。

しかしそのおかげで、軍事や地政学が軽視されるようになりました。

「援助や話し合いであらゆる問題が解決できる」と勘違いする人が増えたのです。

*****************************************
*****************************************

学生のうちはそういった勘違いも仕方がないと思います。

しかし社会に出ると、我々は自分の権利が暴力によって守られていることを学びます。

あなたが襲われないのは、「警察」という公的暴力が守ってくれているから。

貸したカネが戻って来るのは、最後は「裁判所による強制執行」という公的暴力が使えるから。

日本の領土が奪われないのは、自衛隊と米軍という暴力装置が守ってくれているから。

自由主義も資本主義も、暴力というプラットフォームを公正適切に運用することによって維持されているのです。

この現状認識がなければ、問題解決がきわめて難しくなります。

*****************************************

ところが日本の場合、良い大人が「相手の言いなりで援助をすれば身を守れる」という幻想にとらわれて自分の国や会社を危険にさらしているのです。

他国に資金や技術を援助したあげく、脅され領土を奪われそうになっている政治家や官僚。

のこのこ敵国に工場を作って市場を奪われ、会社を潰して身ぐるみ剥がされた経営者。

マスコミは事実を隠し、「近隣諸国と仲良く」「話し合いで解決を」と寝言を繰り返すだけ。

行き過ぎた平和主義が逆に戦争を招きよせているという現実に、多くの人が危機感を覚えています。

*****************************************

これにはしかたがない部分があります。

戦後の日本は、武力による紛争解決を放棄しました。

自分の意志で軍事力を行使できないのに、その場合を前提に考えを進めるのはムダに思えます。。

カネがすべての世の中になり、軍事学も地政学も忘れ去られた学問となりました。

戦場から遠ざかったおかげで、非現実的な話ばかりする「識者」が跋扈するようになりました。

「ハンマーを持つ人には、すべてが釘に見える」ように、軍事力の強い国は軍事力で問題を解決しようとします。

日本は逆に、ハンマーを捨てたおかげで釘が見えなくなってしまったのです。

*****************************************
*****************************************

通常の国家は、アメとムチを併用して自国の意見を通します。

アメ = 援助 = 外務省(米国は国務省)

ムチ = 軍事力= 軍隊 (米国は国防省)

交渉も最初はソフトですが、次第にグレードアップして行きます。

説得 → 取引 → 警告 → 恫喝 → 軍事力行使 

こういったステップが見えているからこそ、話し合いの段階でお互いどこかで妥協します。

国家間の交渉はほぼすべて、軍事力を背景とした利権の奪い合いなのです。

*****************************************

日本の場合は、ムチを使うことができません。

するとアメ=援助だけが交渉のカードになります。

ところが「援助による安全保障」の問題点は「いくらやっても終わりがない」ことです。

政治家は日本国民の財産や技術を他国にタダで与え、日本企業を窮地に陥らせます。

会社がバタバタ倒れ自殺者が激増しても、増税して他国のために貢ぎ続けます。

それをやめたくても、日本国内でキックバックをもらっている人々がやめさせてくれません。

売国利権が大きなビジネスとしてすっかり出来上がっているのです。

*****************************************
*****************************************

悪意のある相手にしてみれば、これほどのカモはいないでしょう。

いいがかりをつけて怒鳴ってやれば、いくらでも援助を引き出せるからです。

条約も契約も、すべて後から反故にできる。

ゴネるようなら「戦争するか?」と脅せば良い。

面倒な交渉や取引も必要ありません。

それを見ていた他国も「日本人相手なら脅せばよい」と学習し、様々な言いがかりをつけてくるようになりました。

*****************************************

この悪循環から抜ける方法はあるのでしょうか?

第一に、「悪意のある相手に援助することは危険」と知ることです。

第二に、「言いなりになればそのうち終わる」という幻想を捨てることです。

*****************************************

ゆすりたかりが一度で終わるはずがありません。

たかり屋に一度カネを払えば、次はもっとすごいネタを作り出して大金をつかみ取ろうとします。

尖閣を守らなければ、沖ノ鳥島や南鳥島など多くの島が一気に取られます。

その次は沖縄、九州と続きます。

「寸土を失うものは全土を失う」のです。

*****************************************
*****************************************

戦後の日本人は「軍事力抜き」という特殊環境の中で、独特の思考回路を発達させました。

それは「援助や話し合いであらゆる問題が解決できる」という大きな勘違いです。

しかし現実世界では、敵意をカネで消し去ることはできません。

いまこそマキャベリの言葉を噛みしめて、敵国への援助をやめるべきでしょう。

*****************************************

「次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。 

第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと思ってはならない。 
 
第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると思ってはいけない。」

ニコロ・マキャベリ
ワイルドインベスターズ投資ブログ:地政学リスクの考え方(2) 武力を使えない国は奴隷にされる (via joodle)

(via joodle)


“厳密にいうと、UNIXは最初は自由だったけど、途中は自由だったわけではない。
勝ち取った自由。
そこが重要だと思う。”
Unixの自由 - kinneko@転職先募集中の日記 (via do-nothing)

(via kuriz)


“Googleの自動運転エンジニアによれば、基本的に事前に道を覚えて、プログラムされたとおりにハンドルを動かしているだけで、道路工事があれば突っ込むし、他の車がぶつかってくればそのままぶつかるし、周りにあるのが人間なのかサボテンなのかもわからないらしいのですが、マーケティング担当の人の話を聞くと何でも出来るかのように聞こえてきます。” 愛の日記 @ Drivemode | シリコンバレーの車とITについてよく聞かれる話 (via joodle)

(via joodle)


若い頃しか脳は成長しない系の話も、ロンドンのタクシー運転手が転職した年齢に関わらずみんな地理の認識に関わる領域がすげー発達してるみたいな研究から反証されてたような気がするので、若い人も若くない人も「生まれ変わったらこれ勉強したい」みたいなことがあれば是非今すぐ今世で勉強すべき。

Twitter / philomyu (via c610)

(via kuriz)


joodle:

User Interfaces of Evangelion 3.0.


joodle:

Терменвокс

joodle:

Терменвокс


joodle:

1h4d お題「告白」

joodle:

1h4d お題「告白」


“やまもと:いや、本当の意味で右と左のように対称ではなくて、原発反対を過激に訴える人たちのことです。結局「放射脳」の人もネトウヨも、基本的にはものごとを中立的に理解するリテラシーを欠いていたり、制御できるかもしれないリスクを過大に評価する人たちの集まりですよ。本当のマジョリティーというのはもっともっと穏便なもんです。” http://toyokeizai.net/articles/-/43797 (via joodle)

(via joodle)


Page 1 of 9240